幼児向けテレビ番組情報(NHK教育テレビ) いないいないばぁっ!

 

いないいないばぁっ!

ここでは、幼児に大人気の番組『いないいないばぁっ!』とはどんな番組かを紹介しています。

いないいないばぁっ!はNHKで毎日2回放送されています。
月曜日から金曜日の午前8時25分〜8時40分(15分)
月曜日から金曜日の午後4時〜4時15分(15分)
2回とも同じ番組内容で、午後の部は朝の再放送といったかたちで放送されています。

対象年齢は0歳〜2歳ですが、幼稚園にいっているお子さんでも楽しく見る事ができると思います。

いないいないばぁっ!の趣旨は乳幼児に直接働きかける映像と音で構成されていて、乳幼児の脳の働きを良くしてくれます。
映像と音で、子供の脳の感覚を揺さぶり、子供達の持つたくさんの可能性と能力を引き出すように構成されています。

詳しい番組内容は、歌や体操、遊び等が15分で満載に詰まった内容となっています。

ぐるぐるどっかーん!のコーナーは大人気で毎日絶対に放送されています。
ワンワンとことちゃんと一緒に体操をするコーナーですが、1歳過ぎから一緒に踊れるようになるでしょう。
親子で踊る事で、親子のスキンシップもはかれてとても良いコーナーです。

その他には、『ことちゃんとあそぼ』ではことちゃんが身近な素材を使って赤ちゃんと遊ぶコーナーで、ママが見る事により、子供に同じようにして遊んであげられます。
『ワンワンのお散歩』のコーナーでは、ワンワンが外の世界に飛び出して、自然の中で遊びます。
それを見る事によって、一人遊びの知恵や想像力を身につけて生きます。
『トマトちゃん、つぎだあれ?』のコーナーでは、次に出てくるのは同じトマトかそれとも違う仲間かを当てるコーナーで、ある程度月齢を重ねたらクイズ形式にしてもおもしろいです。

我が家でも、毎日1回はいないいないばぁっ!を見せて親子で楽しんでいます。

幼児向けテレビ番組情報関連情報