幼児向けテレビ番組情報(NHK教育テレビ) みいつけた

 

みいつけた

ここでは、幼児向け番組『みいつけた』の番組内容について詳しく説明しています。

みいつけたは教育テレビで放送されています。
放送時間は、月曜日〜金曜日の午前7時40分〜7時55分(15分)と再放送として月曜日〜金曜日の午後4時50分〜5時5分(15分)で放送されています。

対象年齢は4〜5歳向けの番組で、教育的エンターテイメントとして人気番組となっています。
2歳の娘には、まだ早いのか『みいつけた』はあまり見ないですね。

子供達の発育バランスを良く後押しできるような構成になっており、幼稚園教養要領にもなっている『健康・人間関係・環境・言葉・表現』を意識した内容で、幼稚園児にはとても役立つ番組と言えるでしょう。

友達と遊ぶ楽しさや命の不思議や、自分で出来る喜び、相手を思いやる気持ち等を育む番組で、また子供達がそれを発見して楽しむ番組となっています。

では、『みいつけた』のコーナーについて詳しく説明していきましょう。

『よんだ?』のコーナーでは、テレビを見ているみんなに話しかける感じでオフロスキーという人間が何かを挑戦してくるコーナーで、テレビを見ている幼児もオフロスキーに対戦して遊べます。

『なんかいっすー』のコーナーは、イスの体操のコーナーです。
何故か、踊りに見えるのでうちの2歳の娘もこのコーナーだけは、一緒に見て歌っています。
大人が見ていると『よくできているなぁ』と本当に関心させられるぐらいの出来栄えでスゴイですよ。

『おててえほん』のコーナーでは、子供達が自分でお話を作って手を絵本代わりにして聞かせてくれます。
この遊びは偶然我が家でもしていたので、ビックリしました。
子供の想像力が豊かになるらしいです。

幼児向けテレビ番組情報関連情報