幼児向けテレビ番組情報(NHK教育テレビ) にほんごであそぼ

 

にほんごであそぼ

ここでは、幼児向け番組である『にほんごであそぼ』の番組の内容を説明しています。

『にほんごであそぼ』は教育テレビで放送されています。
放送時間は月曜日〜金曜日の午前7時25分〜7時35分(10分)と再放送として午後5時5分〜5時15分(10分)です。
対象年齢は4歳頃から小学校低学年を対象とした、幼児向け番組です。

『にほんごであそぼ』の狙いは、日本語の表現に慣れ親しみ、楽しく遊びながら日本語の感覚を身につけていく事です。
そうする事で、日本語でコミュニケーション能力や自己表現の完成を育てていく事ができます。

では、『にほんごであそぼ』の番組内容を詳しく説明していきましょう。

『絵あわせかるた』のコーナーでは、上の句と下の句の2枚を合わせると、絵が完成するという仕組みでテレビを通して遊べます。

『擬音アニメ、ひらがなアニメ』のコーナーでは、日本の特徴の擬音をテレビを通して自然の映像と共に感じるコーナーです。
ひらがなアニメでは、擬音アニメと同様の仕組みで、文字を主役にしてアニメーションが展開されます。

『月の歌』のコーナーでは、日本の伝統の歌をいろいろ紹介しているコーナーになります。
月代わりで変わっていきます。
例えば、今月の『月の歌』は「汚れちまった悲しみに」というテーマで、中原中也という人が「悲しみが自分で、自分が悲しみ」という「冷酷な歌」として表現した詩の歌です。
その他にも、各都道府県の有名な音楽にのせて、その都道府県の伝統の服を着て踊って歌ったりします。
このように、何か意味のある歌を紹介しているコーナーであります。

『にほんごであそぼ』は、幼児に大変人気の番組であり、DVD2枚とCD1枚が発売されています。

幼児向けテレビ番組情報関連情報