幼児向けテレビ番組情報(NHK教育テレビ) おじゃる丸

 

おじゃる丸

ここでは、『おじゃる丸』の幼児に人気の番組の説明をしています。

おじゃる丸は幼児に人気のアニメーションになります。
放送時間は、教育テレビの月曜日〜木曜日、午後6時〜6時10分(10分)と日曜日の午後5時50分〜6時で放送されています。

物語の内容は、平安京時代の妖精界におじゃる丸という子供がいました。
妖精貴族の一人息子のおじゃる丸は、たいくつな毎日とみやびな勉強にあきあきしているところでした。
そのおじゃる丸が、トラブルで穴に落ちてしまい、現代である未来へやってきて、小学生の子供のお家に居候して生活を共にし、いつもにぎやかで愉快な騒動が起こるといったお話になります。

おじゃる丸の対象年齢は4歳〜6歳になりますが、2歳頃でも楽しく見られます。
物語の内容を理解するには、やはり4歳頃にならないとダメなのですが、2歳くらいだと、放送時間内に、『まったり音頭』といった踊りをします。
その振り付けを親子でして、楽しむ事ができて親子のスキンシップもはかる事ができます。

また、短い放送時間にも関わらず大変人気番組ですので、DVDが5本とCDが20枚も発売されている程です。
また、DVDやCDだけでなく本も6冊と3D映画も放映されていたりします。

おじゃる丸は幅広い年齢の子供達が放送を見ている事が口コミでわかりました。
だいたいが、6歳ぐらいの子供がみていますが、中には15歳や11歳といった小学生から中学生の子供達も見ています。

2009年の12月末までで75回の放送をしている事から、長期にわたり人気番組だという事が理解できますね。

幼児向けテレビ番組情報関連情報