幼児向けテレビ番組情報(NHK教育テレビ) わたしのきもち

 

わたしのきもち

ここでは、幼児向け番組である『わたしのきもち』について説明しています。

『わたしのきもち』は教育テレビで放送されていましたが、すでに終了しています。
『キモッチ』のコーナーは大変人気がありDVDにもなっていますので、番組の紹介をしていきます。
対象年齢は、保育園児から幼稚園児向けの番組になります。

『わたしのきもち』は、人とのコミュニケーションのコツを教え、人との関わり合い方を勉強できる番組になります。
他の教育番組では、2歳等の低年齢でも楽しめたりしますが、この『わたしのきもち』は物語が中心になりますので、やはり3歳以上でないと楽しめません。

また、『わたしのきもち』をエッセンスにまとめてある『わたしのきもちミニ』という番組もあります。
『わたしのきもちミニ』の放送時間は、木曜日と金曜日の午後4時45分〜4時50分(5分)と再放送として、土曜日の午後5時25分〜5時30分(5分)になります。

では、『わたしのきもち』の詳しい番組内容を説明していきましょう。

『キモッチ』のコーナーでは、紙コップのキャラクターであるキモッチが、テレビの向こうの子供達に語りかけるコーナーで、コミュニケーションをはかる仕組みになっています。
紙コップの表情がいろいろ変わるので、見ていておもしろいでしょう。

『かおじゃんけん』のコーナーでは、顔が画面に大きく出てきて顔の体操をしながら最後に顔でジャンケンをして終わっていきます。
なかなかおもしろいです。

『スキルファミリー』のコーナーでは、物語になっていて人間から人付き合いのスキルを奪って仲たがいをさせる、悪者に対してスキルファミリーがそのスキルを奪い返して、友達と再び仲良く人付き合いができるようになるという物語です。
子供達の生活習慣に非常に役にたつ、コーナです。

幼児向けテレビ番組情報関連情報